第1回アラブ諸国ハンチントン病ミーティングは、14カ国からの参加者を得て開催されました。 この会議の成功は、議長であり基調講演者であるBernhard Landwehrmeyer教授と、その他多くの著名な発表者のおかげです。 

当初の会議は、2020年3月にカイロでライブ開催される予定でした。 パンデミックのために延期され、同じくエジプトのShaimaa El-Jaafary博士がコーディネートするこのバーチャルミーティングに取って代わられました。

マイケル・オルト教授(スイス)、アルツベータ・ミュールベック博士(ドイツ)、マイケル・ヘイデン教授(米国)、ピエール・クリストコウィアック教授(UAE)による学術発表、モハメド・アル・ハジュリ氏によるオマーンの介護者としての経験談が語られました。 ユセフ・ガマル・エル・ディン氏は、直接会場に来られなかったのですが、その時の様子を送ってくれました。 ビデオ ハンチントン病を患う母を持つ二人の息子の一人である彼の体験談は、深い感動を与えてくれます。     

会議後のアンケートでは、臨床スタッフを中心とした参加者のうち90%が「今後も同様の会議を希望する」と回答しました。 

すべてのプレゼンテーションの録画は、以下のサイトに掲載されています。 ユーチューブ.

カテゴリー: ニュース

jaJapanese
コンテンツへスキップ