アネクソンバイオサイエンス、ハンチントン病における上流古典補体阻害の臨床効果を示す第2相臨床試験結果を発表

補体介在性自己免疫疾患、神経変性疾患、眼科疾患の患者さんに対する新しい治療薬を開発する臨床段階のバイオ医薬品企業であるアネクソンは、本日、ハンチントン病(HD)患者さんを対象としたANX005のオープンラベル第2相臨床試験で得られた有望な最終データを発表しました。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの神経学教授で、ロンドンのクイーンスクエアにある国立神経学・脳神経外科病院の顧問神経科医、UCLハンチントン病センター副所長のEdward Wild, FRCP, Ph.D. は、「ハンチントン病は、治療法や承認済みの疾患修飾治療法がない、壊滅的な疾患である」と述べた。「9カ月以上にわたって臨床機能が明らかに安定し続けていることは注目に値し、HDのような進行性の疾患では一般的に予想されないことです。さらに、ベースラインの補体活性が高い患者さんで観察された持続的な改善の証拠と、9カ月間の試験を通じてANX005が示したベネフィット・リスク・プロファイルは、この難しい疾患に対する有望な治療メカニズムとしての補体阻害の可能性を強調するものです。"

ANX005」フェーズ2のターゲット・エンゲージメント、有効性、バイオマーカーの結果について
第2相多施設共同非盲検臨床試験では、初期の顕在性HD患者またはそのリスクを有する患者を対象に、ANX005を6カ月間静脈内投与し、その後3カ月間のフォローアップを実施しました。本試験の主要評価項目は、ANX005の安全性と忍容性、血清および髄液濃度によるANX005の薬物動態(PK)、およびC1q、C4a、NfLの血清および髄液濃度による薬力学(PD)効果でした。本試験には合計28名の患者さんが登録され、そのうち23名の患者さんが6ヶ月間の治療と3ヶ月間のフォローアップ期間を終了しました。本日発表したフェーズ2試験結果には、ハンチントン病総合評価尺度(cUHDRS)および全機能能力(TFC)による有効性データ、23名の患者のPKおよびPDデータ、NfLデータ、ならびに28名の患者全員の安全性データが含まれています。

最終的なデータは示した:

  • ANX005の治療により、治療期間中およびフォローアップ期間中、血清および髄液の両方でC1qの完全かつ持続的なターゲット・エンゲージメントが確認されました。
  • HDの主要な臨床測定尺度であるcUHDRSとTFCの両方で評価したところ、HD患者全体では、試験期間中の9ヵ月間、疾患の進行が安定していた
    • 一方、公表されている自然史データでは、HD患者は病気の進行に伴い、9ヶ月間減少することが予想されている
  • CSF中のC4a濃度が高いなど、ベースラインの補体活性が高いHD患者は、cUHDRSとTFCの両方で評価される急速な臨床効果を示し、試験期間中の9カ月間、持続しました。
    • ベースラインの補体数が多いHD患者におけるcUHDRSおよびTFCの改善は、投与開始から6週間後に明らかになり、治療中およびフォローアップ期間を通じて9カ月以上維持された
  • 血漿およびCSFのNfL値は、9ヵ月間の研究を通して概ね一定であり、HD患者の自然史データで公表されているNfL値と同等であった。1
    • HDのような緩やかに進行する神経変性疾患では、シナプスの消失は進行性の機能低下と関連しており、ニューロンの消失に先行することが、発表されたデータから示唆されている2 と、神経細胞喪失のバイオマーカーであるNfLの増加3 

ANX005 第2相安全性試験結果
ANX005は、試験期間中、概ね良好な忍容性を示し、安全性に関する結果は以下の通りです。 中間調査結果 が報告されています。現在までに、ANX005は、複数の適応症で170人以上の患者さんを登録した試験で評価され、概ね良好な忍容性を示しています。

HDを対象とした第2相臨床試験の結果、(n=28)が示されました:

  • 一過性の初回投与に関連する輸液関連反応が最も多く報告された有害事象(AE)であった
  • 重篤な感染症は観察されず、試験期間中の死亡例はなかった
  • 5名の患者がANX005の投与を中止し、そのうち2名は治療と無関係であった。3例の中止は薬剤に関連する可能性があると判断され、3例ともANX005の治療中止後に改善または消失した:
    • 本剤に関連するSAEとして、全身性エリテマトーデスが1件(投与中止により完全に消失)、特発性肺炎(非感染性)が1件(投与中止により改善)の計2件が報告された。
    • 1名の患者が溶血性貧血のAEを経験したが、無症状のままであり、投与中止後に完全に消失した
    • 3例ともベースライン時に抗核抗体(ANA)価が上昇していた患者さんで認められました。ベースライン時のANA抗体価が正常な患者では、SAEを発症した患者、自己免疫関連合併症を経験した患者、試験を中止した患者はいなかった

「ANX005の最終データは、古典補体の役割がよく知られている慢性神経変性疾患に対する当社の作用機序に重要な示唆を与えるものであり、非常に心強く思っています。「強固で持続的なC1q阻害作用、臨床結果への明確な影響、良好な安全性などのデータの総和が、ANX005のHD患者への治療の可能性を強く裏付けています。特に、補体活性が高い患者さんが抗C1q療法に反応しやすい可能性があることを心強く思っています。これらの結果に基づき、我々は、メカニズム的に説得力のある精密医療を活用したHDにおける良好な対照試験の機会を評価するために、規制当局と協力することを楽しみにしています。私たちの使命は、患者さんに画期的な治療法を提供することであり、これらのデータは、私たちの目標達成に重要な一歩を踏み出させるものです。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese

ログイン

コンテンツへスキップ