~ 1年間の追跡調査において、AMT-130に関連する重大な安全性の問題はなく、治療は全般的に良好であった。

~ AMT-130を投与した評価可能な患者において、12ヶ月後の脳脊髄液中の変異型HTT(mHTT)の平均53.8%の減少が観察されたこと。

~ AMT-130を投与された患者の12ヶ月後のCSFのNfL(Neurofilament Light Chain)はベースラインに近い値であった。

~ 2023年前半に米国低用量コホートでの24ヶ月フォローアップ、米国高用量コホートでの12ヶ月フォローアップを含むバイオマーカーと臨床データを予定 ~。

~ 投資家向け電話会議とウェブキャストを本日午前8時30分(米国東部時間)に実施します。

マサチューセッツ州レキシントンおよびアムステルダム、2022年6月23日(GLOBE NEWSWIRE)-。 ユニキュアN.V. (NASDAQ: QURE)は本日、ハンチントン病治療薬AMT-130の進行中の第I/II相臨床試験の低用量コホートに登録された10人の患者の安全性とバイオマーカーに関するデータを発表しました。米国で実施されたこの無作為化盲検化臨床試験では、登録された10名の患者のうち6名がAMT-130を、4名が模擬外科的処置を受けました。

ユニキュア社の研究開発社長であるRicardo Dolmetschは、「低用量コホートに登録された患者さんに関する12カ月間の最新情報を得ることができ、大変うれしく思っています」と述べています。「これまでのところ、AMT-130は遺伝子治療に関連する重篤な有害事象はなく、NfL値もベースラインに近づいており、良好な忍容性を示しています。また、AMT-130の投与を受けた評価可能な患者さんにおいて、mHTTタンパク質の低下により、標的への関与を示唆する傾向が観察されたことを嬉しく思っています。来年、この重要な試験で得られた全患者の機能的成果を含む追加の臨床データを発表できることを楽しみにしています」と述べています。

AMT-130の低用量コホートの1年間の観察結果

低用量コホートに登録された10名の患者さんは、臨床的に早期ハンチントン病と診断され、CAGリピートが40-44、ベースラインの総機能スコア10-13、総運動スコア7-23の方ばかりでした。4名の患者は男性、6名の患者は女性で、年齢は34~58歳でした。治療された6人の患者の人口統計学的特徴は、4人の対照患者とおおむね一致していた。

10人の患者がNfL測定で評価可能であった。4人の治療患者と3人の対照患者は、CSFのmHTTタンパク質測定で評価可能であった。残りの2人の治療患者と1人の対照患者は、ベースラインのCSF mHTT値が測定不能であった。

米国の低用量コホートにおける12ヶ月間の追跡調査での主な観察結果は以下の通りです。

  • AMT-130は、低用量である6×10mgの投与で、治療患者に対して概ね良好な忍容性を示した。12 ベクターゲノム
    • これらの患者さんでは、AMT-130に関連する重篤な有害事象は報告されていません。AMT-130とは無関係の重篤な有害事象が2件発生しました。1名の患者さんにおける肘の深部静脈血栓症は抗凝固剤により治癒し、2名の患者さんにおける術後の一過性のせん妄は支持療法により治癒しました。
    • 副作用および予期せぬ重篤な副作用は報告されていない。
    • 構造的MRイメージングでは、治療した患者さんの1年間のフォローアップにおいて、臨床的に意味のある安全性の所見は認められませんでした。
  • 神経細胞障害の主要なバイオマーカーであるCSF NfLの測定値は、AMT-130の手術後に予想通り増加し、12ヶ月後にはベースラインに近づいた。
    • 治療した6人の患者のうち2人は12ヶ月目にベースライン以下となり、さらに1人は15ヶ月目と18ヶ月目にベースライン以下となった。
    • 6名の患者において、CSF NfLの平均値の増加は手術後1ヶ月でピークに達した。その後、平均CSF NfLは減少し、12ヶ月後にはベースラインと比較して8%の増加を示した(範囲:46%の増加から14%の減少まで)。
    • 4人のコントロール患者において、平均CSF NfLは12ヶ月間安定またはわずかに減少した(範囲:1%増加から35%減少)。
  • 評価可能な患者さんの髄液中のmHTTタンパク質を測定したところ、12ヶ月間を通じてベースラインと比較して減少していることが確認されました。
    • 評価可能なデータを有する4人の治療患者において、CSF mHTTの平均値は、利用可能なすべての時点において、ベースラインと比較して減少した。治療後12カ月では、CSF mHTTの平均値はベースラインと比較して53.8%減少した(減少幅44%~71%)。
    • 評価可能なデータを有する3名のコントロール患者において、CSF mHTTの平均値は、1、3、6、9ヶ月目にベースラインと比較して増加を示し、12ヶ月目にベースラインと比較して16.8%減少した(増加幅35%〜47%減少幅)。

      この発表に付随する棒グラフは、以下でご覧いただけます。
      https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/154d56ac-df99-4569-b473-f1f9fc2207b9

米国での臨床試験では、低用量コホート10名と高用量コホート16名を含む26名全員が登録されました。欧州の非盲検試験では、低用量コホート6名全員と高用量コホート9名中4名にAMT-130が投与されています。

「AMT-130 の臨床試験は順調に進んでおり、現在、米国と欧州の 2 つの第 I/II 相臨床試験で合計 36 名が登録され ています。「欧州の非盲検試験における高用量コホートへの登録は順調に進んでおり、本年末には完了する予定です。ハンチントン病患者さんの治療薬としてAMT-130を発展させるため、ハンチントン病コミュニティと引き続き協力していきたいと考えています」と述べています。

投資家向け電話会議およびウェブキャストのご案内

uniQure経営陣は、本日2022年6月23日(木)午前8時30分(米国東部時間)より、投資家向け電話会議およびウェブキャストを開催します。カンファレンスコールには、国内からは(833) 962-1472、海外からは(442) 268-1254にダイヤルしてアクセスすることができます。コンファレンスコールIDは3873647です。オペレーターに "uniQure Conference Call" への参加を希望する旨をお伝えください。コンファレンスコールに参加される方は、開始時刻の15分前にダイヤルインしてください。また、カンファレンスコールのウェブキャストは、以下のサイトからアクセスできます。 投資家情報・ニュースルームセクション のuniQureウェブサイトをご覧ください。ライブ・ウェブキャストの後、数週間にわたり通話のリプレイがアーカイブされる予定です。

AMT-130の第I/II相臨床試験プログラムについて

AMT-130のハンチントン病治療に関する米国での第I/II相臨床試験は、早期症状のハンチントン病患者26名を対象に、安全性、忍容性、有効性のシグナルを探索するもので、10名の低用量コホートと16名の高用量コホートに分けて、AMT-130による治療と偽手術に患者を無作為に割り付けています。この多施設共同試験は、盲検化された12カ月の主要試験期間と、盲検化されていない5年間の長期フォローアップから構成されています。臨床試験では、合計16名の患者さんに、MRIガイド下、対流式定位脳手術により、線条体(尾状核と被殻)に直接AMT-130を単回投与する予定です。詳細については、以下をご参照ください。 www.clinicaltrials.gov (NCT04120493)。

また、現在進行中の米国第 I/II 相臨床試験において、AMT-130 の輸液用カテーテルの留置を簡便化するため、別の定位ナビゲーションシステムを使用する第三のコホートを開始することを計画しています。この試験は2段階に分けて実施され、最大18名の患者を追加で無作為化し、より高用量の6×10mgを投与する予定です。13 vg. uniQure社は、2023年末までにこの第3のコホートへの患者登録を完了する予定です。

AMT-130の欧州非盲検第Ib/II相試験には、2つの用量コホートで15名の早期顕性ハンチントン病患者を登録します。低用量コホート6名の患者さんは、2022年3月に登録が完了しました。米国での試験と合わせ、欧州での試験は、安全性、概念実証、AMT-130の最適用量を確立し、第III相開発または早期登録経路が実行可能な場合の確認試験へと進めることを目的としています。 

AMT-130は、uniQure社が独自に開発したmiQUREを用いた、中枢神経系に焦点をあてた初の臨床プログラムです。® のプラットフォームを使用します。

ハンチントン病について

ハンチントン病は、稀な遺伝性の神経変性疾患で、コレアなどの運動症状や行動異常、認知機能の低下が起こり、身体的・精神的な衰えが進行する。本疾患は常染色体優性遺伝で、疾患の原因となるハンチンチン遺伝子の第1エクソンにおけるCAG反復配列の拡大により、脳内で異常なタンパク質の産生と凝集が起こることが知られています。ハンチントン病の病因は明らかであるにもかかわらず、現在、発症を遅らせたり、病気の進行を遅らせるための治療法は承認されていません。

uniQureについて

ユニキュアは、遺伝子治療の可能性を追求し、治療効果が期待できる単一治療法を提供します。私たちは、モジュール化され有効性が確認された技術プラットフォームを活用し、遺伝子治療を迅速に進めています。 管路 血友病B、ハンチントン病、難治性側頭葉てんかん、ファブリー病などの患者を治療する独自の遺伝子療法を提供する会社。 www.uniQure.com

uniQure Forward-Looking Statements
本プレスリリースには、将来予想に関する記述が含まれています。歴史的事実に関するもの以外のすべての記述は将来見通しに関する記述であり、しばしば「予想する」、「信じる」、「できる」、「推定する」、「期待する」、「目標する」、「意図する」、「~する見通し」、「かもしれない」、「計画する」、「可能性」、「予測」、「計画」、「すべき」、「予定」または同様の表現によって示されています。将来予想に関する記述は、経営陣の確信と仮定および本プレスリリースの日付現在においてのみ経営陣が入手した情報に基づくものです。これらの将来予想に関する記述には、進行中の試験でより多くの患者またはより長い期間のデータを評価できるかどうか、第1/2相臨床試験の安全性および有効性の全データが2023年前半またはそれ以前に第1/2コホートで得られるかどうか、臨床試験の16人またはすべての患者がAMT-130のより高い用量投与を受けるかどうか、進行中の米国の第3コホートを開始させるかどうかなどがありますが、それだけにとどまるものではありません。また、欧州の試験で安全性、概念実証、第III相開発または確認試験に進めるためのAMT-130の至適用量が確立されるかどうか、早期登録経路が実現可能かどうか、または全く利用できないかどうか、などです。当社の実際の結果は、多くの理由により、これらの将来見通しに関する記述で予測されたものと大きく異なる可能性があります。これには、進行中のCOVID-19のパンデミックが当社およびより広い経済・医療制度に与える影響に関連するリスク、当社および協力企業の臨床開発活動、臨床結果、協力関係の取り決め、企業再編および戦略的転換などが含まれますが、これらに限定されるものではありません。企業再編と戦略的転換、規制当局の監督、製品の商業化および知的財産権の主張、ならびに2022年2月25日に提出されたフォーム10-Kによる年次報告書および2022年5月2日に提出されたフォーム10-Qによる四半期報告書を含むuniQureの定期証券提出書類に「リスク要因」の見出しで記載されたリスク、不確実性その他の要因が含まれます。これらのリスク、不確実性、およびその他の要因を考慮した上で、これらの将来予想に関する記述を過度に信頼すべきではありませんし、将来的に新しい情報が入手可能になったとしても、当社はこれらの将来予想に関する記述を更新する義務を負うものではありません。 


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese