ジャスミンとサイはアメリカの高校生。 2人は、変化を起こし、他の人たちにインスピレーションを与えようと決意している若者だ。 

彼らが立ち上げ、運営している募金活動では、最近、ハンチントン病のために$2000という驚くべき寄付金が集まった。

当初はボランティア活動を通じて自由な時間を大切にするつもりだったが、2人は突然、代わりに募金活動を行うことを思いついた。 収益金を希少疾患の慈善団体に寄付したいと考えた二人は、サイの母親が2012年に診断されたハンチントン病(HD)をターゲットに選んだ。 

ジャスミンは、この活動を始めたきっかけをこう語る。"私たちは、HDの認知度を高めるという私たちの大義をよりよく伝えるために、大きく飛躍することを決意し、自分たちの団体を設立しました。ライズ・アゲインスト・ハンチントンという正式なロゴと名前を得た後、私たちはチームを拡大しました。私たちを支えてくれる多くの友人たちの心がなければ、成功はあり得ないと気づいたのです」。

サイは、ベイク・セールをすることに決めたと付け加えた。 「30人以上の人たちから協力を得て、販売する商品と販売計画を考えることができました。マナラパン高校とバイオテクノロジー高校というそれぞれの高校を通じて、この資金調達のためのコミュニケーションをとり、組織化し、効率的に実行に移すには、献身的で根気のいる長い時間が必要でした。私たちはマーケティング・プランを考え、実行し、ベイク・セールの注文を管理しました」。

予想をはるかに上回る結果 "最終的に、カスタムクッキー、ブラウニー、カップケーキを販売し、当初の目標であった$500を大きく上回る約$2000を集めることができました。それ以来、私たちは成功を祝い、すでに次の募金活動を計画しています。"

ジャスミンとサイは、自分たちのストーリーが他の高校生に、若くても資金調達や組織を発展させることを妨げないことを知ってもらいたいと考えている。勇気とリーダーシップがなければ、今の彼らはいない。 彼らは、他の高校生にインスピレーションを与える存在なのだ。

国際ハンチントン協会(IHA)の会長であるスヴェイン・オラフ・オルセンは、「ハンチントン病の家族を支援するための資金を集めてくれたサイとジャスミンに大変感謝しています。 彼らのイニシアチブ、献身、大きな心、そして大きな笑顔はインスピレーションです。"

ジャスミン
サイ
カテゴリー: ニュース

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese

ログイン

コンテンツへスキップ