プリレニア社は本日、ハンチントン病治療におけるプリドピジンの使用について、EUに販売承認申請を提出する予定であることを発表した。プリレニア社のCEOであるマイケル・ヘイデン博士は、「プリドピジンは、患者や家族にとって重要な独立した指標において、一貫した治療効果を示しています。これらの指標には、日常機能、認知機能、運動機能、臨床的進行が含まれ、抗ドパミン薬(ADM)を服用していない患者において明らかに明らかです。国際ハンチントン協会のスヴェイン・オラフ・オルセン会長は、「これは本当にエキサイティングなニュースです。 欧州医薬品庁がハンチントン病患者の苦境を受け入れ、欧州のハンチントン病家族に新たな楽観の余地を与えてくれたことを嬉しく思います。また、マイケル・ヘイデン博士と彼のチームの献身的な努力と、この壊滅的な疾患に対する治療法を開発するためのたゆまぬ努力に大変感謝しています。"   

もし承認されれば、プリドピジンは早ければ2025年にもヨーロッパで市販される可能性がある。

プレスリリースを見る これ.


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese