タニタ・アレンは回顧録『We Exist』の中で、自分の症状をハンチントン病と正しく診断してもらうのに苦労したことを語っている。アフリカ系アメリカ人も突然変異遺伝子を受け継ぐ可能性があることを医師が考慮しようとしなかったため、彼女は何度も誤診された。彼女は回顧録の中で、ハンチントン病とともに歩んだ人生と、診断の遅れによって彼女が負った肉体的・精神的負担について、力強く探求を始めた。 

タニタは現在、ハンチントン病の熱心な支持者であり、『フォーブス』誌の特集執筆者でもある。 タニタと彼女の著書についての詳細は、彼女のウェブサイトをご覧ください: www.tanitaallen.com.

カテゴリー: ストーリー

1件のコメント

ヴィッキー・オーウェン · 5月 18, 2024 3:13 pm

タニタはハンチントン病の素晴らしい戦士だ!

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese