国際ハンチントン協会に多額の寄付金

国際ハンチントン協会に、大変ありがたいご寄付がありました。この寄付の背景には、ノルウェー人の寄付者がいます。彼は匿名を希望しています。この寄付金は、リスボンにあるIHAの事務所での新しい役職に充てられるもので、この条件のもとで贈られます。新たに設けられた役職は、IHAの関連業務を強化するものです。 続きを読む...

ジョイベストデモ

LycknaのJoyvestをご存知でしょうか?動くと音楽が流れるアクティビティベストなんです!スウェーデンのハンチントン病協会(RHS)のカリーナさんが実演しています。これは物理療法で、筋肉を鍛え、訓練し、かつディナのように楽しみながら行うことができる、非常にお勧めの方法です。 続きを読む...

Wave Life Sciences社、ハンチントン病に対するWVE-003のアレル選択的標的関与を示唆する初期結果を示すフェーズ1b/2a SELECT-HD試験のポジティブなアップデートを発表

WVE-003 の単回投与は概ね安全で忍容性が高いと考えられる 30mg または 60mg の単回投与により CSF 変異ハンチン(mHTT)タンパク質が減少;両コホートにおける平均 mHTT 減少量は単回投与後 85 日でベースラインから 22%( 中央値 30% 減少)となった。 続きを読む...

ユニキュア社、ハンチントン病治療薬AMT-130の第I/II相臨床試験における低用量コホートに関する最新情報を発表

~ AMT-130 を投与された患者さんでは、1年間の追跡調査において、AMT-130 に関連する重大な安全性の問題はなく、 治療は概ね良好な忍容性を示しました ~ AMT-130 の投与を受けた評価対象患者さんの 12 ヶ月後の脳脊髄液(CSF)で、変異型HTT(mHTT)の平均 53.8% 減少を観察 ~ ~ 神経フィラメント・ライト 続きを読む...

アネクソン・バイオサイエンスが試験結果をアップデート

アネクソン・バイオサイエンス社、臨床第2相試験の結果を発表 ~アップストリームでの古典的補体阻害がハンティントン病における臨床的有用性に関連することを実証 6月7日、臨床段階のバイオ医薬品企業であるアネクソン社は、本日、古典的補体を介する自己免疫疾患、神経変性疾患および眼科疾患の患者に対する新しいクラスの薬剤の開発を行う有望で最終の結果を発表しました。 続きを読む...

ウェビナー - ハンチントンのための探検。ラテンアメリカにおけるディミトリ・ポッフェの冒険

国際ハンチントン協会とヨーロッパハンチントン協会は、5月の意識向上月間を最も刺激的で希望に満ちた形で終えるために、南米を自転車で旅しながら地域社会を動かしているハンチントン病の支援者、ディミトリ・ポッフェを招いてウェビナーを開催しました。ディミトリさんは、ハンチントン病陽性者ですが、まだ発症していません。 続きを読む...

ポーランドとベルギーが、ウクライナのHD家族を支援する取り組みを開始 

ウクライナの状況が十分絶望的でないのなら、ハンチントン病という重荷を背負った人たちに思いを馳せてみてください。ポーランドHD協会のダヌータ・リス会長とベルギーハンチントンリーガ(フランダース)のベア・デ・シェッパー副会長は、彼らを支援するための活動を主導しています。 戦闘が勃発したとき 続きを読む...

投稿者:Daniela Carvalho 投稿日時:
jaJapanese